パソコン資格は本当に就職を有利に進める為に役立つのか?

今から大学を卒業し就職活動をしようと考えている人や
既に社会人で転職活動をしようと考えている人にとって
就職を有利に進めるために何か役立つ資格はないかな?と考えている人は多いですね。

特にパソコン系の資格を持っておくことで
就職が有利になるという情報が多くパソコン資格取得を目指す人が多いようです。

パソコン 資格 就職 有利 役立つ

パソコン資格は本当に就職に有利なのか?

学生時代の経歴に自信を持てない人が走りがちなのが資格取得ですよね?

ある意味仕方ないことではあるのですが、
本当にパソコン関係の資格などを取得すると就職に有利なのでしょうか?

パソコン関係の資格として根強い人気があるのが
『MOS』(通称:マイクロソフトオフィススペシャリスト)です。

上級のエキスパートもあるのですが
スペシャリストでも一般的に知られるマイクロソフトオフィスの
ワードやエクセルをはじめとしてアクセス(Access)なども取り扱うわけです。

この資格を持っていると
履歴書に書きやすい!とか即戦力と判断されやすい!と言われる人もいるようですが
正直、一般的な仕事を行うのであれば
ある程度のWordとExcelのスキルさえあれば十分なのです。

ましてや、
忙しい学生/新社会人/転職希望のサラリーマンが
難しい資格取得に時間を使うのは非常にもったいないように思います。

20万円も30万円も支払って学校に通い、
取得を目指す価値がある資格とは言い難いのが現状です。

 

 

就職活動で本当に必要な能力とは?

東証一部上場企業の人事担当の友人に聞いた話ですが
結論から言うとパソコン関係の資格を持っていたとしても
人事の人が見ているのはあなたの資格ではなく『人となり』です。

考えてみれば当たり前ですよね?

例え
マイクロソフトオフィスエキスパートの資格を持っていて
Accessを自由自在に操れる人であったとしても
会社の同僚とコミュニケーションが取れない人だったら話になりません。

MOS以前の問題なわけです。

 

就職活動を成功させるために
本当に必要な能力(=人事担当者が見ているポイント)は、、、

  • 対人コミュニケーション能力
  • 自己表現力
  • 過去何を成し遂げて来たか?
  • 採用先の会社で何をしたいのか?

などなど
その人の人間性の部分なわけです。

結局、
パソコンスキルに関しては、あれば良いけど必須でもない。

むしろ
就職の採用における大きな加点にはならない。

それどころか、
仮にパソコンが得意でなかったとしても
素晴らしい人間性を持ち合わせていれば採用されるし
入社後に資格を取得しても十分。と考えられているわけです。

 

 

パソコンの資格取得を目指す時間があれば自分の力で稼ぐ

ということで
パソコン関係の資格を取得することは
決して就職においてマイナス(=減点)になることはありませんが
多くの時間とコストを払ってまで取得するものではないわけです。

私からのアドバイスとしては
それくらい情熱とお金と時間があるのであれば
サクッとネットで自分でお金を稼げる力を着けませんか?と言いたいですね。

私自身も
ネットでお金を稼ぐという意味では本当に素人から始めて
地道に頑張ってきた結果、今ではサラリーマン旦那の給料を超えるレベルまできちゃいました。

本当に
MOSの資格を取得しよう!と考えている人であれば
私の何倍ものスピードでネットでお金を稼ぐことが出来るようになると思いますよ?

絶対に止めな!とは言いませんが、
資格取得に時間とお金を投資するのであれば
私も実践しているお金稼ぎに時間を使ったほうがよっぽど大きなリターンになるかと。。。

 

NEXT>>> ド素人の私がネットでお金を稼げた方法はコチラ!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

今一番稼げるポイントサイト!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

コンテンツ準備中!

今一番稼げるポイントサイト!

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ページ上部へ戻る